おまとめローンの審査通過の秘訣!

「複数の業者からキャッシングしていて毎月の返済が苦しい…」そんなあなたにぴったりなのが、低金利のキャッシング業者で複数のキャッシングを一本化させる”おまとめローン”。おまとめローンを組むことができれば、利息も毎月の返済額も減り、借金を減らすことができます。

しかし、「審査」に通らなければどうにもなりません。そこで今回は、おまとめローンの審査で重視されるポイントや落ちてしまう方の特徴をご紹介します。


おまとめローンは少し特殊?審査のポイント

なるべくローン残高を減らす

審査に落ちてしまう原因で最も多いのが、ローン金額です。返済を楽にするために選ぶおまとめローンですが、あまりにも膨大な残高になっていると、審査に落ちてしまう可能性は高くなります。
なので、審査申込前に少しでも返済をして残高を減らしておきましょう。そうすれば、一度審査に落ちてしまったような会社でも、審査通過することもあります。

簡易審査を利用する

おまとめローンの審査ですが、業者によっては簡易診断を行っています。これを利用することによって、スムーズな審査が可能になります。簡易審査では、自分が審査に通過するかどうかの目安を知る事が出来ます。
なので、簡易診断を利用して自分が最も審査に通過しやすいと思われる業者を選ぶのも秘訣です。ただ、その際は金利の比較も忘れないようにして下さい。


おまとめローン審査を受ける上での注意点

総量規制について確認しておきましょう。総量規制とは、年収の1/3以上の金額を借入出来ないという法律です。その為、おまとめローンになってくると、現在の借入額が総量規制限界に達していて、追加でローンを組めない可能性があります。なので、おまとめローンを検討する際は、その業者が総量規制の対象外か、対象内かを最初にチェックしておきましょう。


審査に落ちる人の特徴は?

勤続年数が足りない

おまとめローン借り換えローンに限らず、あらゆるローンは、どれぐらいの期間その会社で働いているのかという「勤続年数」を重要な項目として注目しながら審査をしています。最低ラインとして、3か月未満や6か月未満はNGとしているという金融会社がほとんどなので、他の条件は全てクリアしているのに、勤続年数が6か月未満だったということだけで審査に落ちる人が大勢出てくるのです。

ブラックリストに登録されている

主に3か月以上返済が遅れている人や、繰り返し遅れた人、自己破産やなどの法的処理が行われた人のことを指すことになります(クレジットカードの延滞や過払い金請求も含まれます)。この情報は申込履歴と違って、事故の状態が解消してから1年~10年間は抹消されないので、この情報が抹消されるまでは、おまとめローンの申し込みは通らなくなります。

申し込みブラック

銀行カードローン審査にどうしても落とされてしまう理由・原因として、「短期間に3件以上、たて続けに申込んでいる」というものもあります。申込履歴が1か月以内に連続で3社以上あると、審査担当者からマイナス評価され、その場で審査に落とされてしまいます。

他社の借り入れ件数が5件以上

おまとめローン目的で借り入れ審査に望む場合、審査が通らない原因として最も多く見られるのは「他社借入件数オーバー」です。もし、他社借入れ件数が6件以上など多数ある場合であれば、一気に一本化にもっていくのは苦しいものがあります。少々金利が高くても審査に甘いところを利用して、少しずつ他社借入れ件数を減らしていくという方法を取るのがベストです。


おまとめローン成功法まとめ

おまとめローンの審査をお考えの方は以下の4点を事前に確認しましょう。

・勤続年数
・事故情報
・多重申し込み
・借り入れ件数

また、おまとめローンを検討する際は、複数の銀行や消費者金融の返済シミュレーション結果を参考に、無理のない返済計画が立てられるローン、利息総額ができるだけ少なくなるローンを選ぶことをおすすめします。